酒にこだわりが無くてもいい
飲み方にポリシーが無くてもいい
好きなことを、好きなように楽しむ場所
「こだわりがないことをこだわる」
そんな、場末のちいさな酒場

暗い路地裏を歩く。見上げた雑居ビルにほのかな光が。
薄暗い階段を不安気にのぼる。場末の古びたドアをそっとあける。
並べられたウィスキーのボトル、口開けのワインたち。
お好みの一品を探す楽しみ薫製料理。
ここでは、ウンチクよりも、技術よりも人と人のつながり。
「Segue」
オーセンティックなバーもいいけど。ね。

ドリンク
Copyright(C) Hayashi Design Office Inc. All rights reserved.